キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 住宅ローンと任意売却 : 任意売却専門ナビ

住宅ローンと任意売却

住宅ローンも払えなくなってくると任意売却という事になりかねませんので無理が無いようにしなくてはなりません

住宅ローンと任意売却

家の購入の際、住宅ローンを借りて毎月支払いをされる方が大多数ですが、最初の時点で間違った計画を立ててしまうと後で自分が苦しむ事になるので注意が必要です。

誰でもいい家に住みたいと思いますが、自分や家族が支払える分相応の住宅ローンの支払いが苦にしておかないと後で大変な目に合う事があります。

例えば子供がいない夫婦が家を建てる事にすることにした場合、どちらとも共働きである程度の収入があるとその収入で支払える金額で住宅ローンを組みます。

住宅ローンは、家をすすめる住宅会社や金融機関が収入などから計算してこれくらいまでは支払えるという金額を出してきますが、決してその最高金額辺りの支払いで家を購入しない事をおススメします。

例えば、月額20万円までの支払いができるとなった場合、20万円の支払いでボーナス時はその倍とかで住宅ローンを組むとしましょう。

離婚や病気、出産等で20万円ずつの支払いが難しくなる事も考えられるのです。

そうなってくると任意売却した方がいい場合もあるのです。

任意売却は金融機関との合意の元、自宅を売却するという方法ですが、少なくとも強制的なものではない為、ある程度売主にもメリットがあります。

この任意売却も時期を逃してしまうとできなくなる事もあるため、まずは、任意売却を専門に取り扱っているような業者に相談する事が先決です。

もしも、毎月支払っている住宅ローンが高すぎる場合、支払いを減額できる事もできるので、金融機関にも相談した方が良い場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加