インターネット競売と任意売却

ローンが払えなくて任意売却に早めにしておかないと、税金等を滞納している場合は差し押さえられインターネット競売になることがあります。

インターネット競売と任意売却

住宅ローンが何らかの理由で払えなくなった場合、早めに手を打っておかないと最終的には自己破産するしかないという事があります。

※自己破産に関して詳しくはこちら⇒自己破産と免責 知らないと怖い!免責の常識Q&A

特に住宅ローンだけではなく税金も滞納しているようなら深刻で、税務署から税金の滞納を理由に自宅を差し押さえられる事もあり、そうなると任意売却をするどころかインターネット競売で売られる事になってしまいます。

そうなってしまってからではどうする事もできませんので、まだ任意売却ができるような機関であるなら黙って何もせずにいるのではなく早めに手続きをするようにしましょう。

任意の売却は金融機関のローン返済を3カ月から6カ月程滞納した時点で、金融機関に申込ます。

まだ滞納もしていないのに任意売却を持ち出しても金融機関は相手にしてくれませんので注意しましょう。

滞納の期間が過ぎるとそこで初めて金融機関に任意での売却を許可してもらう手続きを行います。

金融機関の承諾が得られれば任意での売却になります。

そうなると手放す人にはある程度メリットもあります。

滞納などで自宅を差し押さえられてしまうと売却するどころかどうする事もできなくなるうえ、自宅を強制退去になります。

インターネット競売になれば、知人の人にも競売になった事が知られてしまう為様々なデメリットが発生しますので、できるだけ競売にならないように手段を考えなければなりません。

その中でも一番いいのが任意売却だという事を覚えておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加