キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 金融機関と任意売却 : 任意売却専門ナビ

金融機関と任意売却

金融機関でお金を借りて払えない場合、不動産等は任意売却となり売却されてしまいます

金融機関と任意売却

一般的には、個人で家を購入する際、現金一括で買ったり親から買ってもらうという事がない限りローンで購入されます。

自分の収入や家族の収入から最高借入額を決定し、その範囲内で金融機関からお金を借りて家を購入しますが、普通に毎月払える場合は問題無くても、例えば毎月の支払金額が多すぎたり、給与が急に減額になったり、病気になったり、夫婦が離婚したり、様々な事情で大金が必要になり住宅ローンが払えなくなる事が多々あります。

普通の方は督促状が来た時点でなんとしても住宅ローンを返済しようとしますが、なかなか思ったように返せない場合、最悪、金融機関から差し押さえられることもあります。

そうならない為にも住宅ローン返済が難しいとお考えなら早めに任意売却を検討してみましょう。

任意売却は住宅ローンが払えなくなって数ヶ月後の時点で金融機関との合意の元行う事ができます。

一般的な金額より安い金額で自宅を手放すことにはなってしまいますが、住宅ローンからは解放され毎月の生活は少し楽になります。

しかし、手放した後になって賃貸住宅に住むと家賃がかかるのであまり住宅ローンと変わらなかったということもありますので安易に任意売却をすることはおススメしません。

できればファイナンシャルプランナーなどの専門家や不動産会社等に相談されてからでも良いでしょう。

例えば任意売却しなくても自宅を賃貸で貸して自分は賃貸の安い物件に住むという手段もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加