キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産取引の任意売却 : 任意売却専門ナビ

不動産取引の任意売却

不動産取引の中には様々な事情で任意売却になる場合があります、どのようなことで任意売却になるのでしょうか

不動産取引の任意売却

住宅ローンを借りて家を建てたけど、諸事情によって支払いが難しくなっている方がいらっしゃいます。

通常は、自分の収入と住宅ローンで支払える額を計算して毎月の支払額を算出しますが、その支払いも何らかの問題がありできなくなり困ってしまうのです。

中には現実を直視せずそのままにしておいて強制執行という形で家を失う人もいますが、そうならない為に何らかの対策を取る必要があります。

強制執行になってしまうと二束三文で家を失ってしまう事になりますのでまずは、どこかに相談する必要があります。

できれば不動産屋がおすすめです。

不動産屋では、様々な不動産取引を行っているので今住んでいる家の価値を算出してくれます。

その上で一番良い方法をアドバイスしてくれるでしょう。

一般的な家の売却の場合、家の支払いが終わっている事が条件になりますので住宅ローンも払えないような状況ならばなかなか家の代金を一括で払うのは難しいです。

不動産屋から任意売却を勧められるケースもあるでしょう。

任意売却とは、住宅ローンの支払いが難しくなった方が、住宅ローンの滞納を期に金融機関と相談して任意で家を売却する事です。

金融機関は売却する事によって貸したお金を回収することができますし、売主は住宅ローンの支払いがなくなります。

しかし、一般的な相場よりも安くで家を手放すことになるので結局は売主がその分負担する事になるのです。

それでも毎月の支払いが滞って家を無理矢理取り上げられるよりはましです。

このエントリーをはてなブックマークに追加