任意売却専門ナビ 自己破産と任意売却はとても深い関係があります、どうやって任意売却になるのか流れをご説明します

Author Archives: Admin01

金融機関と任意売却

一般的には、個人で家を購入する際、現金一括で買ったり親から買ってもらうという事がない限りローンで購入されます。

自分の収入や家族の収入から最高借入額を決定し、その範囲内で金融機関からお金を借りて家を購入しますが、普通に毎月払える場合は問題無くても、例えば毎月の支払金額が多すぎたり、給与が急に減額になったり、病気になったり、夫婦が離婚したり、様々な事情で大金が必要になり住宅ローンが払えなくなる事が多々あります。

普通の方は督促状が来た時点でなんとしても住宅ローンを返済しようとしますが、なかなか思ったように返せない場合、最悪、金融機関から差し押さえられることもあります。

そうならない為にも住宅ローン返済が難しいとお考えなら早めに任意売却を検討してみましょう。

任意売却は住宅ローンが払えなくなって数ヶ月後の時点で金融機関との合意の元行う事ができます。

一般的な金額より安い金額で自宅を手放すことにはなってしまいますが、住宅ローンからは解放され毎月の生活は少し楽になります。

しかし、手放した後になって賃貸住宅に住むと家賃がかかるのであまり住宅ローンと変わらなかったということもありますので安易に任意売却をすることはおススメしません。

できればファイナンシャルプランナーなどの専門家や不動産会社等に相談されてからでも良いでしょう。

例えば任意売却しなくても自宅を賃貸で貸して自分は賃貸の安い物件に住むという手段もあります。

インターネット競売と任意売却

住宅ローンが何らかの理由で払えなくなった場合、早めに手を打っておかないと最終的には自己破産するしかないという事があります。

※自己破産に関して詳しくはこちら⇒自己破産と免責 知らないと怖い!免責の常識Q&A

特に住宅ローンだけではなく税金も滞納しているようなら深刻で、税務署から税金の滞納を理由に自宅を差し押さえられる事もあり、そうなると任意売却をするどころかインターネット競売で売られる事になってしまいます。

そうなってしまってからではどうする事もできませんので、まだ任意売却ができるような機関であるなら黙って何もせずにいるのではなく早めに手続きをするようにしましょう。

任意の売却は金融機関のローン返済を3カ月から6カ月程滞納した時点で、金融機関に申込ます。

まだ滞納もしていないのに任意売却を持ち出しても金融機関は相手にしてくれませんので注意しましょう。

滞納の期間が過ぎるとそこで初めて金融機関に任意での売却を許可してもらう手続きを行います。

金融機関の承諾が得られれば任意での売却になります。

そうなると手放す人にはある程度メリットもあります。

滞納などで自宅を差し押さえられてしまうと売却するどころかどうする事もできなくなるうえ、自宅を強制退去になります。

インターネット競売になれば、知人の人にも競売になった事が知られてしまう為様々なデメリットが発生しますので、できるだけ競売にならないように手段を考えなければなりません。

その中でも一番いいのが任意売却だという事を覚えておくと良いでしょう。

任意売却の購入希望者

任意売却の不動産が出た場合、購入したいと思っても一般的な方はいつ売却になったのかも判らないという事が多いです。

任意売却の物件は一般的な同じ程度の不動産よりも3割近く安くで買う事ができるので人気が高いのですが、様々な制約もあるため、個人が直接交渉したり購入するのは難しい事があります。

そんな時購入希望者はどのようにしたら希望の物件を手に入れる事ができるのでしょうか。

任意での売却物件が出た場合、まずはその情報を知る必要がありますが、一般的な不動産屋さんではなかなかその情報を細かく得る事ができない事もあります。

不動産屋さんの中でも特に任意売却の物件を専門に扱っているような業者があります。

できればそのような専門の業者にお願いした方が良いでしょう。

様々な手続き等もこのような業者ならスムーズに取りはからってくれる為、リスクにすぐ対応してもらえるほかトラブルの際も安心です。

ご自宅の近くにこのような専門の業者が無い場合でもネットで色々な相談ができる所もありますので探してみましょう。

どうしても家の近くの不動産屋さんが良い場合は、このような任意の売却不動産を取扱った事があるのかどうか確かめた方が良いでしょう。

すぐに購入するのは無理ですが、一般的な不動産屋さんでもあらかじめ任意の物件を探している事を伝えれば、希望の物件を探してくれる事があります。

1軒だけではなく何軒もあたってみたら案外近くでいい物件があることも無いとは言えませんので探してみましょう。

不動産取引の任意売却

住宅ローンを借りて家を建svてたけど、諸事情によって支払いが難しくなっている方がいらっしゃいます。

通常は、自分の収入と住宅ローンで支払える額を計算して毎月の支払額を算出しますが、その支払いも何らかの問題がありできなくなり困ってしまうのです。

中には現実を直視せずそのままにしておいて強制執行という形で家を失う人もいますが、そうならない為に何らかの対策を取る必要があります。

強制執行になってしまうと二束三文で家を失ってしまう事になりますのでまずは、どこかに相談する必要があります。

できれば不動産屋がおすすめです。

不動産屋では、様々な不動産取引を行っているので今住んでいる家の価値を算出してくれます。

その上で一番良い方法をアドバイスしてくれるでしょう。

一般的な家の売却の場合、家の支払いが終わっている事が条件になりますので住宅ローンも払えないような状況ならばなかなか家の代金を一括で払うのは難しいです。

不動産屋から任意売却を勧められるケースもあるでしょう。

任意売却とは、住宅ローンの支払いが難しくなった方が、住宅ローンの滞納を期に金融機関と相談して任意で家を売却する事です。

金融機関は売却する事によって貸したお金を回収することができますし、売主は住宅ローンの支払いがなくなります。

しかし、一般的な相場よりも安くで家を手放すことになるので結局は売主がその分負担する事になるのです。

それでも毎月の支払いが滞って家を無理矢理取り上げられるよりはましです。

住宅ローンと任意売却

家の購入の際、住宅ローンを借りて毎月支払いをされる方が大多数ですが、最初の時点で間違った計画を立ててしまうと後で自分が苦しむ事になるので注意が必要です。

誰でもいい家に住みたいと思いますが、自分や家族が支払える分相応の住宅ローンの支払いが苦にしておかないと後で大変な目に合う事があります。

例えば子供がいない夫婦が家を建てる事にすることにした場合、どちらとも共働きである程度の収入があるとその収入で支払える金額で住宅ローンを組みます。

住宅ローンは、家をすすめる住宅会社や金融機関が収入などから計算してこれくらいまでは支払えるという金額を出してきますが、決してその最高金額辺りの支払いで家を購入しない事をおススメします。

例えば、月額20万円までの支払いができるとなった場合、20万円の支払いでボーナス時はその倍とかで住宅ローンを組むとしましょう。

離婚や病気、出産等で20万円ずつの支払いが難しくなる事も考えられるのです。

そうなってくると任意売却した方がいい場合もあるのです。

任意売却は金融機関との合意の元、自宅を売却するという方法ですが、少なくとも強制的なものではない為、ある程度売主にもメリットがあります。

この任意売却も時期を逃してしまうとできなくなる事もあるため、まずは、任意売却を専門に取り扱っているような業者に相談する事が先決です。

もしも、毎月支払っている住宅ローンが高すぎる場合、支払いを減額できる事もできるので、金融機関にも相談した方が良い場合もあります。